紀州梅干・南高梅の製造直販店『紀州いち梅本舗』

過去のご注文履歴照会サイトマップ


ID  パスワード ログイン
パスワードを忘れられた方は こちら から
  • トップページ
  • 梅干一覧
  • 贈答用梅干
  • 梅製品
  • 買い物かごの中身を見る
  • 会社概要
  • ご利用案内
特選マーク取得
特選マーク取得
『特選梅干認定は審査委員会』が紀州産の最高品質の梅干製品であることを認定した証です。
申年の梅
無糖梅酒
はちみつ生れもん梅
完熟梅ゼリー
梅シロップ
しらぼし梅
梅料理レシピ
お誕生日プレゼント企画
FAXご注文用紙のダウンロード
ご注意:FAXでのご注文は会員様でも500円(+消費税)の送料が必要です。
休業日のお知らせ
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
最近チェックした商品

紀州いち梅本舗の梅干は契約梅農家である柏木さんのたゆまぬ努力によって完成します。当店がいくら美味しく味付けしても、いくらキレイに漬け上げても、梅が上質でなければお客様に満足していただける梅干をお届けする事ができません。梅の栽培といっても開墾から始め、土作り、苗木の植え付け、剪定など、年間通し、ほとんど休む間も無く梅に接し続けた結果、良質の梅が育ち、紀州いち梅本舗の梅干が出来上がります。柏木さんの梅栽培のほんの一部をご紹介いたします。

梅干の栽培は畑の開墾から始まります。

梅の木が無数に育つ紀州の梅畑も、もともとは山だった場所を切り開いたり、荒地を整備して梅畑にしています。なので古い畑の梅の木が弱ってきたりしたら状況しだいでは農地を開墾し、梅の苗木を植える所から始めます。
こちらは竹や茅が茂っていた耕作放棄地を柏木さんが開墾し、梅畑に生まれ変わろうとしています。耕地が整備できたら梅の苗木を植え付けます。桃栗三年柿八年といわれますが、梅もちゃんと収穫できるようになるまでには接木苗で三年、実生だと6年はかかります。畑にいきなり苗を植え付けるのではなく、苗床に一度植えて育ててから畑に定植します。

育った苗木を苗床から畑に定植します

苗床で大きく育った梅の苗木はトラックに乗せられて開墾された真新しい梅畑に植え付けられます。苗が大きいために、ユンボを使って植え付けます。農作業というよりも土木作業に近い、大掛かりな定植作業です。

定植から6年の月日が流れました。

定植から6年経ってようやくこの大きさにまで育ちました。ここまで来るのには大変な手間暇がかかっています。剪定や草刈り、施肥など、収穫以外の手間暇もとてもかかります。梅の木も大きくなりましたが、柏木さんもシブさが増しました。

風光明媚な環境は獣害が後を絶ちません。

柏木さんの何箇所にも点在している農園の全ては自然が豊かで水も空気も美味しい山間部にあります。年間通して獣の被害は後を絶ちません。鉄柵や電気柵で農園の周囲を取り囲んでいても、ちょっとした隙間などを利用してシカやイノシシ等が入ってきます。そうならないためにも柏木さんは農園を日々見廻ってチェックをしています。
山間地の農業は獣との戦いの日々です。人里離れ、空気がきれいで自然が豊かなこんな農園で育つ梅はイノシシやシカの格好の標的になってしまいます。「梅のように酸っぱい果実を動物が食べるの?」と、思われるでしょうけど、シカは梅の新芽や若い枝を好んで食べます。新芽を食べられた梅はそこからなかなか成長しません。イノシシは梅の種が大好物です。柏木さんは来る日も来る日も剪定作業や収穫といった作業と並行して日夜パトロールを続けています。
太い枝が割られています。これはイノシシの仕業です。梅の木に乗って遊ぶのが好きだそうで、折角育ってきた梅の木も台無しになってしまいます。
これはシカの仕業です。細い枝を咥えて引きちぎっています。まだまだ小さな梅の木なのでまた新しく枝が伸びるのを待たないといけません。

2月頃から梅の開花が始まります。

「梅は百花の先がけ」と言われ、まだまだ寒い2月初旬から梅の花が開花を始めます。梅の花を眺め、梅について熱く語る柏木さんの表情は梅の花のようにほころびます。しかし、これからも気が抜けません。ヒョウやアラレ、突風などによる被害、カメムシなどの害虫による被害、獣による被害など収穫まで気が抜けません。

5月頃から梅の収穫が始まります。

美しい梅の実がたわわに実っています。色はまだ緑色。
陽に当たり続けるとだんだん紅色に色づいてきます。
紅がさし、全体に緑色だった梅も黄色くなり、完熟の南高梅になりました。この梅が紀州いち梅本舗の梅干となり、皆様の食卓に上りますが、それはまだまだ先のお話です。洗浄、選別、塩漬け、天日干し、さらに選別して樽詰めなど、まだまだ柏木さんの作業は続きます。

ご利用案内

■送料について
全国一律500円(税別)、会員様400円(税別) 10,000円(税別)以上のお買上げで送料無料! 代引き時、後払い時の手数料は当店負担。 銀行振込(前払い・後払い)時の振込手数料は、お客様側でご負担下さい。
■納期について
受注確認後、平均して3〜5営業日後のお届けとなります。(一部商品を除き受注生産のため)但し、繁忙期(5〜7,12月)や製造に時間のかかる一部商品につきましては、10日程お時間を頂く場合もございます。詳細は受注後の確認メールにてご案内しております。
■返品・交換について
商品の品質には万全を期しておりますが、万が一不良品やお気付きの点がございましたら、お手数ですが、商品到着後7日以内に当店までご連絡下さい。 代替品へのお取替えなどで対応させて頂きます。 商品の特性上、お客様のご都合による返品・交換は原則としてお受けしておりませんので予めご了承下さい。
■お支払いについて

※銀行振込(前払い・後払い)時は、手数料はご負担ください。

※代引き時、後払い時は手数料は当店にて負担させて頂きます。

■個人情報の取り扱いに関して
お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)を、裁判所や警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外、公開または第三者に譲渡することは一切ございません。
■配送時間指定
ご希望の配達日時をご指定頂けます。 指定なし時やご希望の配達日時にお届けができない場合は、受注後の確認メールにて最短でお届け可能な日時をご案内致します。 指定なし時が最も早くお届け可能です。
■お問い合わせ

紀州いち梅本舗 (有限会社 紀州うめまさ)
〒646-0058 和歌山県田辺市目良17-51
フリーダイヤル: 0120-16-3830
TEL: 0739-25-3830
FAX: 0739-25-3831